社会不適合の現代ビジネス・書評ブログ

社会不適合が大企業に入ってみた。リアリストで論理的な社会不適合が会社に対して思うことや書評を綴ります

【スポンサーリンク】

Iot商品の需要

最近はものが売れなくなってきていることから売上が厳しいと言われて社内でも暗い雰囲気があります。

 

よく言われているのが「ものでなく事を提供する」ということです。

これからは人間の感情を揺さぶられるような体験商品に需要が高まってくると感じます。

たとえば、旅行、ライブ、代行サービス、アートアクアリウムやチームラボのような展示会。

チームラボの展示会は並んで行列ができるほどで、チケットも完売してしまう。さらにファストパスまであり、とても儲けているなと感じます。

 

ライブも同じことが言えて、SNSの普及により、CDは全く売れなくなってしまい、アーティストはライブをすることで収入を得ています。

 

代行サービスも今はとても熱いビジネスではないかと思います。

この前、テレビでもやっていたのですが今の時期でしたらBBQのセッティングサービスはとても需要が高いようです。

お客さまは手ぶらで代行サービスの業者が商品手配から機材の貸出、場所の確保まで行ってくれます。

 

大体、相場で1人あたり2500円となって価格競争が厳しいようですが。。。

 

もっといえば、乗馬体験やシェフ代行サービス。宇宙旅行もあります。

 

あとは、レンタルペット。

現代人の傾向として、癒し欲しいと思う方は非常に多いと感じます。でも、実際にペットを飼いたいと思っても厳しいところがあります。

それで今回面白いなと思う商品が、「ロボティクスで世の中をユカイにする」をテーマにネットとリアルを繋ぐプロダクトをつくるユカイ工学という会社が作り上げた(Qoobo)

癒されしっぽクッションです。

ユカイ工学 | YUKAI Engineering – THE ROBOT COMPANY

本物のしっぽを研究してその動きを再現するプログラムを構築。

人はしっぽの動きを見ると癒されると思います。

しっぽクッションをなでるとしっぽが動き自然と笑みがこぼれそうな商品だと思います。心理的ストレスも解消されるような癒し商品だと思います。

 

他にもこんな商品を提供しています↓


 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ユカイ工学ハブラシロボットキット
価格:2570円(税込、送料別) (2018/7/21時点)


 

 

あとは、見ていて面白いと思ったものが磁性流体の時計!!

実際これは100万円で買えるみたいです。

 

磁性流体で文字がぐにぐに動くリキッドディスプレイのデジタル時計「Rhei」 - GIGAZINE

私が大学生の時にこの物体をみて衝撃を受けて、この磁性流体を活かして何か出来ないかなと思い、手さぐりしました。

 

制作したいと思った段階でこのプログラムを受託で依頼できる会社はないかなと思いたどり着いたのが先ほどのユカイ工学。

でもやはりプログラム段階で100万以上かかるとのことで、磁性流体の時計買えるじゃん!!って諦めましたけど

個人より法人向けですよな

 

磁性流体自体は普通にネットで買えます。


 

 

 

まあ要するに、私たちは時流を読み人の欲求をくみ取る商品を提供出来て爆発的ヒットにつながる。

それを叶えることが出来れば売上にも繋がるのかなと感じます。

 

あやぽんた

 

 

【スポンサーリンク】