社会不適合×大企業は成立するのか?!

社会不適合が大企業入ってみた。果たしていつまで保つのか。。そんなホワイトカラーに対して思うことや書評を綴ります

【スポンサーリンク】

嫌な奴の攻略法

今回は題名通り「嫌な奴」について触れたいと思う。

 

私は職場に嫌な奴が何人かいる。しかもその嫌な奴と一緒に仕事をしなければいけない立場にある。

 

これは相当なストレスに値する。

 

合わない人って学生時代には関わらなければ良い話なんだけど、社会人たるものそういうわけにはいかぬのである。

 

これは学生の時には全然理解が出来なかったけれど今ならとてもよく分かる。

 

嫌な奴は自分に害を加える奴の事を指す。

これを減らせば人生より楽に生きれるんじゃねって思い、、

 

この嫌な奴を駆逐していく計画を今回は考えた。

 

攻略① 脳内にギャルを飼う。

これは嫌な奴になんか言われたら脳内のギャルに反論させるのだ。

ギャルは人の事を考えずに自分の意見を主張する傾向にある。(私の主観なので全世界のギャル様を不快にさせてしまいましたらすみません。。

 

表面上では、普通を装うが脳内ギャルに訪ねてみたら絶対こういうはずだ。

「勝手に言わせとけ」

 

ギャルのイメージを想像してもらえばお分かりであると思うが、ヤマンバなんて昔いたが人の目なんて一切気にしていない。

そう。人の意見なんてどうでもいいのだ。

自分の人生なんだから自分がしたいように生きればよいのだ。

 

攻略② あだ名をつける

たとえば、嫌な奴のどこが嫌なのかを洗い出してみよう。

ねちねち上司・・・ナメクジ聖人

感情の起伏が激しい奴・・・ヒステリック野郎

理詰めで詰めてくる奴・・・中身空っぽな評論家など

等々。

 

嫌な部分を見つけるより良い部分を見つけろという人もいるがそれが無理でその人の事を考えるだけで吐き気がするときたらこのあだ名で対処すると精神的に少し軽くなり、時に面白くなってくる。

 

攻略③ 人生をドラクエRPGと考えて生きる

これは難易度が割と高いと思う。

こんな本がある「人生ドラクエ化マニュアル」↓

 


 

 

 元エニックスの社員が書いたもので、ゲームを生み出す仕事から自分の人生もゲームに考えたらより楽しくなるんじゃねという発想で書かれた本。

 

これを読んだ後は、きっとあなたの考えは変わると思います。

 

苦しさを楽しさへ転換する事で人生をより楽しく生きましょうという感じかな。。

 

【ゲーム】×【リアル化】

敵キャラ=嫌な奴 

攻撃=論破

逃げる=環境を変える

 

人生は一度しかない死んだらそこでゲームオーバー。

とっても危険なゲームだという事に皆は気にも留めないで生きている。

 

まあこれは考えると何とも言えない虚無感に悩まされるので気にしない方が良い。

 

ゲームはクリアしてしまったらそこで終了。

人生も同じで

目標を持っても目標を達成してしまったらそこでクリア。

 

でも一番楽しい時ってそのボスキャラを倒す時まさにその最中なんだよね。

 

だから人生も過程を楽しもうと思う。

 

会社嫌なら

攻略して現状維持か、逃げて環境を変えるに尽きる。

 

攻略④ 無の境地に入る

これはあまりお勧めしないが、御坊さんのように上から目線で俯瞰して捉えると案外怒りを感じなくなる。

 

要するに自分が正しいと思い込み上から目線で見てやるのだ。

 

思考停止は生きる上でストレスを感じない為には有効的だが、スキルが上がらない傾向にある。

 

攻略⑤ 逃げる

先ほどもお話したが、結局これに尽きる。

逃げればいいのだ。

一番ストレスのかからない解決法はこれだね。

 

攻略⑥ 爆発して変人になる

考えすぎてしまう人種には是非これを実践してほしい。

 

私もなのだが人と関わるとストレスが発生するんだよ。

それがたまりにたまって爆発する。

 

だから限界きたらこれで変人になってしまえばいい。

 

意外と吹っ切れて自分の好きなように生きれる。

それでもナメクジ野郎がいたらギャルを飼えばいい 笑

 

 

本当の自分の価値を忘れがちなのが現日本の課題なのでそんな社畜を救いたい。

 

まあ私もブラック環境でどこまで持つのかやってみるよ。

 

最近まで人生をRPG化していたんだけどやはりナメクジ野郎が常に隣にいる環境なので精神病んできてHP40くらいになってきたからちょっと別の武器(逃げるor爆発)を使ってみようと思う。

 

逃げは転職かな↓

 

社会は会社に合わせろというが、今の会社に合わせる事が出来ないから、合わせられる人はそっちの道で進んだ方が良いかもね。

 

やっぱひきこもりたかった。

 

あやぽんたん

 

【スポンサーリンク】